植物図鑑

ザラエノヒトヨタケ『北海道のキノコ』

ザラエノヒトヨタケとは?

名前:ザラエノヒトヨタケ(粗豪柄一夜茸)
学名:Coprinopsis lagopus.
分類:ハラタケ科ヒトヨタケ属

分布は広く、ヨーロッパ、アジア、北アメリカなどと広範囲になっています。

ほとんど食べる部分もなく、食不適。

名前の由来

名前の由来は、「ざらついた柄を持つヒトヨタケ」という本種の特徴がそのまま名前になっています。

このような名づけは覚えやすくて大変助かりますね。

ザラエノヒトヨタケの特徴

20.10.02 札幌市硬石山

まずは出始めのザラエノヒトヨタケを見て行きましょう。

出始めの様子は、ふわふわの毛を纏ったドングリのような見た目をしています。

20.10.02 札幌市硬石山

英名は「Harefoot Mushroom」と言い、ウサギ足のキノコという意味です。

この見た目を、真っ白な毛を纏ったウサギの足に見立ててつけられたそうですが、ウサギの足に見えるかな?

ちなみに、ウサギって「ラビット」じゃないの?と思った方はなかなか鋭いですね。

ラビットはアナウサギ(良くペットショップで見る可愛いやつ)、Hare(ヘア)は野ウサギで、わりと筋肉隆々な感じのウサギです。(本州の方はニホンノウサギ、北海道の方はエゾユキウサギをイメージして下さい。)

20.10.02 札幌市硬石山

カサは2~5㎝ほどで、鐘型から平らに開いて、その後反り返っていきます。

カサのフチの部分が次第に縮れて、周辺部は裂けていきます。

20.10.02 札幌市硬石山

繊維質の綿毛は徐々にまばらになっていきます。

このキノコのカサは光が透けそうなほど薄く、繊細な飴細工のような感じを受けます。

カサの中心部から、明瞭な放射状の線が見えるのも特徴です。

20.10.02 札幌市硬石山

この成熟したキノコは、カサの周縁部から中心部に向かって自己消化により次第に液体化していきます。

最後にはキノコの柄を残して一夜で溶け、胞子を含んだ黒インクのような液になります。

これがヒトヨタケ属の共通の特徴です。

英語ではこのキノコをその様子から、インクキャップ(ink-cap,inky-cap)と呼んでいます。

子実体が地面から発生し、ほぼ24時間で溶けてなくなるといったサイクルを持つ生態が、「ヒトヨタケ」の名前の由来です。

20.10.02 札幌市硬石山

最初に遠くから見た時には、白い一輪の花が咲いているのかと思いました。

ふちが裂けて花弁(はなびら)のようにも見えますね。

わずか1日で崩壊してしまう繊細で、素敵なキノコです。

登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する 

こんな記事もおすすめ
植物図鑑

ホテイアツモリソウ「北海道の花」

2020年6月26日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
亜高山の森に佇む気品のある花、「ホテイアツモリソウ」は環境省レッドリストで絶滅危惧IA類(CR)、北海道レッドリストで絶滅危惧種(CR)の指定を受けている植物で、とても個体数の限ら …