登山ガイド

【岩山】上川町、北大雪のマイナーピーク

岩山 基本データ

岩山(いわやま)は上川町にある1121.3mの山で、夏の登山道はありません。

主に積雪期か、夏に沢登りスタイルで登られています。

北海道には、同じ名前の『岩山』というピークが他に3つあります。

  • 国後島にある、標高758mの岩山
  • 日本最北の岩山。ルルイ岳と一緒にいつか登れる日が来るのだろうか。

  • 忠別湖の南側にある、標高650mの岩山
  • あまり登山対象としては登られていない、地味系な山。       

  • 旭山動物園の東側にある標高432mの岩山
  • 旭川市と当麻町の境界に位置しています。

どれもマイナーピークですが、上川町の岩山はその岩山の中でも最高峰となっております。

他の岩山達と呼び分けるとするなら、北大雪岩山上川町岩山カルシュナイ(※近くにある地名)岩山、といった所でしょうか。

アクセス

国道39号線、武華トンネルの手前に駐車帯があります。

GPSログ

武華トンネル手前の駐車帯から入山します。

林道歩きが多いですが、山頂直下の登りに少し苦労しました。

登り約1時間半、標高差210m、お手軽なコースです。

登山道の様子(2020/12/16)

武華トンネルの手前にある駐車帯に車を停めてスタートします。

駐車場はけっこう広いスペースがあります。

入山してすぐ、狩猟期間につき自粛して下さいとの看板がありました。

注意して進みます。

しばらく歩くと林道の分岐があり、写真の深山橋は渡らず、左手にある「ポンペンケチャロマップ林道」に進みます。

ポンペンケチャロマップ林道。

なぜか看板がビニールで覆われていました。

しばらくは退屈な林道歩きです。

キツネの足跡に導かれるように進みます。

北大雪地域は針葉樹林が多く残り、このあたりは代表的な『亜寒帯性針葉樹林』。

寒さの厳しい北国らしい、黒々とした森が広がっています。

倒木がアーチ状になっていました。

こんな綺麗にしなるんですね。

林道がペンケチャロマップ川と交差する直前で、左手の沢沿いに進みます。

まだまだ雪も少ないので、川に落ちないように気をつけて進みます。

藪の薄いところを見つけ、岩山方向へ登っていきます。

まだまだ雪も少なく、笹が出ています。

これぞ大雪原生林といった、針葉樹の大木が多く残っています。

このエリアは「大雪原生林(だいせつげんせいりん)」も近く、昭和29年(1954年)の洞爺丸台風での風害を免れた天然林になります。

貴重な針葉樹の極層林です。

極層林(きょくそうりん)
森林の樹木がほとんど陰樹(いんじゅ)で構成されるようになり、それ以降は樹種の構成がさほど変化しない状態になった森林の事

別リンク:北海道森林管理局

綺麗に凍裂(とうれつ)したトドマツがありました。

マイナス25℃を下回ると、寒さで幹が割れる自然現象です。

この日は気温マイナス13℃でしたが、充分に寒かったです。

大量の「サルオガセ」が付いたエゾマツも見られました。

「サルオガセ」は地衣類で、樹木に着生していますが、寄生しているわけではなく、ただくっついているだけです。

空気中の水分と光合成だけで生活しており、誰にも迷惑をかけていないエコロジーな過ごし方をしています。

鈴生り(すずなり)についた「ハウチワカエデ」の翼果(よくか)。

落ちるタイミングを逸してしまったんですね。

徐々に標高を上げていきます。

山頂の岩尾根の直下に来ました。

このあたりから急斜面で、雪があまり付いていなく、ブッシュが濃いめです。

尾根に乗るのに一苦労しましたが、尾根からは周囲が綺麗に見渡せます。

白く霞んだ武華岳方面。

もう少し周囲の展望があれば嬉しかったですが、この日は雲も多く、スッキリとしませんでした。

一番高いところを山頂にしました。

狭いので、ゆっくり休憩するには向いていない山頂です。

2020/12/20 撮影

別日のツアー本番、三等三角点(点名:岩山)を発見しました。

ロープを設置する支点作りで雪を掘っていたのですが、自分では気づかず、登って来たお客様が見つけてくれました。

2013/3/17の岩山

以前登った時に山頂から見えた景色をご紹介します。

武利岳、武華岳は間近に見ることが出来ます。

屏風岳も近くに見えて、良く目立って見えます。

まとめ

  • お手軽で展望のある山頂が楽しめる
  • 山頂直下の登りだけ要注意。細尾根の急斜面で少し大変。
  • 武華岳、武利岳、屏風岳の展望良好
  • 大雪原生林の雰囲気を味わう事が出来る

最後まで御覧いただきまして、ありがとうございました。

登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する 

こんな記事もおすすめ
登山・ハイキング

春の『殿様街道(とのさまかいどう)』道南の古道を歩いてきました。

2019年5月4日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
雪が解けて暖かくなってくるころ、「北海道民はついつい暖かさを求めて道南の方へ旅行したくなる」、と思ってるのは私だけでしょうか? ゴール …
登山・ハイキング

【尻岸馬内山】十勝連峰の展望台

2020年3月19日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
今回は芦別市にある「尻岸馬内山」をご紹介したいと思います。 標高の低い山ですが、魅力たっぷりの楽しいルートです。 尻岸馬内山基本データ 尻岸馬内山(しりきしまないやま …
登山ガイド

【白雲岳】三笠新道コース ツアーレポ

2021年6月30日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
期間限定で通行できる三笠新道を通り、白雲岳避難小屋泊で白雲岳へ登る1泊2日のツアーに行ってきました。 お花も多く、天気にも恵まれましたので、ご紹介したいと思います。 三 …
登山・ハイキング

【ゼロの山】かなやま湖北岸の展望の山

2020年3月12日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
ゼロの山は南富良野町と富良野市の境界にある山です。 夏の登山道もありますが、今回は冬の登山での紹介をしたいと思います。 標高差も距離も短いので、お手軽にさくっと登れる魅 …