植物図鑑

イチヨウラン「北海道の花」

イチヨウランとは

名称:イチヨウラン(一葉蘭)
学名:Dactylostalix ringens
分類:ラン科 イチヨウラン属

国内では北海道~九州に分布し、国外では、サハリンや千島列島に分布しています。

イチヨウラン属はこのイチヨウラン1種のみが知られています。

名前の由来

漢字で書くと「一葉蘭(イチヨウラン)」で、根元の葉が1枚しかつかないことが名前の由来となっています。

実際には、花茎に1~2枚の鱗片葉が付くので、一葉じゃない!とのツッコミが聞こえてきそうです。

イチヨウランの特徴

北海道での花期は5~6月。

林床から花茎が伸びて、まだつぼみが開いていない状態のイチヨウランです。

少しアップで見てみましょう。

背がく片1枚、側がく片2枚で覆われたイチヨウランのつぼみです。

花茎には、鞘状の鱗片葉(りんぺんよう)が1~2枚つきます。

花は茎頂に1個付き、高さは10㎝~20㎝ほどになります。

この個体は開花したてなので、高さがまだ低めですね。

花のアップを見てみましょう。

ラン科らしい花の作りで、3枚のがく片、3枚の花弁で構成されています。

背がく片、側がく片、側花弁は明るい緑色で、白い唇弁は3裂します。

側花弁と唇弁には、ふつう紫紅色の斑点があります。

別個体のアップです。

唇弁の基部には、2つの隆起線があります。

同じラン科の別属ですが、コケイランの唇弁にも2つの隆起線があります。

この唇弁の隆起線には何か役割があるのでしょうか??

コケイラン「北海道の花」コケイランとは 名称:コケイラン(小蕙蘭) 学名:Oreorchis patens 分類:ラン科コケイラン属 国内で...

イチヨウランの花の斑点は個体差があり、色々な花を見比べる楽しさがあります。

こちらはほとんど斑点の無い、色白なイチヨウランです。

様々なイチヨウランを並べてみました。

全て斑点のパターンが違って面白いですね。

図鑑等に「苞は4角状楕円形で長さ2-3mmになる」との記述がありましたが、苞なんかあったかな?という印象です。

手持ちの写真を探してみると、苞っぽい突起が映っていましたが、これが4角状楕円形の苞なのか?

撮影時には苞を意識していなかったので、次回この花に出会うタイミングで良く観察してこようと思います。

根元に卵円形(らんえんけい)の葉を1枚つけます。

光沢と厚みのある葉で、平行状の脈があります。

こちらはまだ花を付けない若い株。

葉の裏はこんな感じです。

無毛であまり特徴がありませんが、平行状の脈は良く目立っています。

コイチヨウランとの違い

名前の似ている花で、「コイチヨウラン」という花があります。

コイチヨウランの方は花が小さく、複数個の花を付けるので、イチヨウランとはあまり似ていません。

コイチヨウラン「北海道の花」道東のとある山で「コイチヨウラン」の群落を撮影できたので、今回紹介したいと思います。 小さい花ですが、とても綺麗で可愛らしいお花で...

おすすめの山野草図鑑

北海道の草花 Wild Flowers of Hokkaido
著:梅沢 俊

北海道の植物図鑑では御馴染みの梅沢先生の図鑑です。
かなり大きめの図鑑ですが、網羅している植物数が多く新分類体系APGⅢ,Ⅳに準拠しています。
古い植物図鑑をお持ちという方は分類が変わっているので、更新するならこの本がオススメです。
私の山のガイド活動にも欠かせないパートナーとなっています。

登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する 

こんな記事もおすすめ