自然観察・コラム

「アズマイチゲ」と「キクザキイチゲ」の見分け方

春の山野草シーズン、どちらも白い花をつける「アズマイチゲ」と「キクザキイチゲ」の見分け方をご紹介いたします。

特にシーズン初めの時期は、「あれ、どっちだったっけ?」と思う方もいると思いますので、その違いを部位ごとに見比べて解説しました。

アズマイチゲとは

アズマイチゲ(Anemone raddeana)キンポウゲ科

高さが15~20cmの多年草で、分布は北海道、本州、四国、九州。国外では、朝鮮、樺太、ウスリー地方です。

北海道では、春先に咲くスプリングエフェメラルの1種の代表種です。

アズマイチゲ 「北海道の花」春先に咲く花の代表種「アズマイチゲ」をご紹介いたします。 北海道では雪解け後の春に咲く花で、季節感を感じさせてくれる山野草の一つで...

キクザキイチゲとは

高さが15~25cmの多年草で、分布は北海道、本州の近畿地方以北です。

北海道では普通に見られる花ですが、関東地方の一部ではレッドリストの絶滅危惧I類や絶滅危惧II類などの指定を受けている地域もあります。

キクザキイチゲ 「北海道の花」早春に咲くスプリングエフェメラルの代表種「キクザキイチゲ」をご紹介したいと思います。 北海道の山野草シーズン序盤には、必ずと言って...

見分け方

この2種は混生していると違いがはっきりと分かるのですが、それぞれ単体で咲いていることも珍しくありません。

それぞれの部位ごとにその違いを見比べてみましょう。

全体像

アズマイチゲの全体像

まずは「アズマイチゲ」から見て行きましょう。

この花は葉っぱがやや垂れ下がるのが大きな特徴で、ぱっと見の印象はやや控えめな感じです。

キクザキイチゲの全体像

これに対し「キクザキイチゲ」は、葉が垂れ下がらないので、春の日差しを浴びて元気いっぱいに咲いている感じです。

アズマイチゲの花

アズマイチゲは、花糸(かし)の根元が紫色になっていることが、大きな特徴です。

※花糸(かし)とは雄しべを構成する一部で、花粉が入っている葯(やく)を支える糸状の部分です。

日当たりが良い時には花も良く広くので、晴れた日にはぜひ観察してみて下さい。

アズマイチゲの花茎

花茎(かけい)には「長軟毛(ちょうなんもう)」が生えていますが、開花する頃には無くなっていたり、開花後に残っていても次第に無くなります。

アズマイチゲの萼片

アズマイチゲの萼片(がくへん)の裏側は、赤みを帯びる場合があります。

個体差もあって赤みを帯びない場合もありますが、萼片(がくへん)の裏が赤っぽい場合は「アズマイチゲ」と同定できます。

キクザキイチゲの花

こちらはキクザキイチゲの花のアップですが、よく似ていますね。

萼片(がくへん)の形状などは、ほとんど違いが無く、萼片(がくへん)の枚数も個体差があって、判別の材料にはなりません。

アズマイチゲと違って、花糸(かし)の根元が青くならないのが、見分けのポイントになります

キクザキイチゲの花茎

キクザキイチゲの花茎(かけい)にも軟毛(なんもう)が生えていますが、アズマイチゲに比べて毛が短いです。

先ほどのアズマイチゲの軟毛と比べてみると、一目瞭然です。

紫のキクザキイチゲ

キクザキイチゲは普通、白色の花を咲かせますが、薄紫~紫色などの個体も見られます。

アズマイチゲは白色の個体しかありませんので、ここも見分けのポイントになります。

  • 花糸(かし)の根元が紫色だったらアズマイチゲ確定
  • 花茎の毛の長さを見比べてみる
  • 萼片の色(花の色)が紫だったら、キクザキイチゲ確定

総苞葉

次は葉を見比べてみましょう。

アズマイチゲとキクザキイチゲはどちらも、「地下茎(ちかけい)」を持っており、花をつける花茎につく「総苞葉(そうほうよう)」と、花をつけない「根出葉(こんしゅつよう)」があります。

花より違いがはっきり分かるので、より分かりやすい判別のポイントになります。

アズマイチゲの小葉

アズマイチゲの葉はやや垂れ下がり気味なのが特徴で、また小葉の先は不明瞭に切れ込みます。

アズマイチゲの長軟毛⓵

先ほどの花パートでも解説しましたが、葉柄(ようへい)や茎の部分にも「長軟毛(ちょうなんもう)」があります。

これは開花する頃には無くなっている場合もあります。

アズマイチゲの長軟毛②

こちらは花をつけていないのでややこしいですが、総苞葉のついている茎にびっしりと長軟毛(ちょうなんもう)が付いています。

写真からもふわふわで柔らかそうな質感が伝わってきますね。

キクザキイチゲの総苞

こちらはキクザキイチゲの総苞葉(そうほうよう)で、小葉が羽状(うじょう)に切れ込むのが特徴です。

アズマイチゲとキクザキイチゲは「葉の切れ込み方」が一番分かりやすい見分けのポイントですね。

キクザキイチゲの翼

また総苞葉(そうほうよう)の葉柄(ようへい)の根元に広い翼(よく)があるのが特徴です。

後述しますが、根出葉(こんしゅつよう)には翼が付かないのがちょっとややこしいです。

つまり、花をつけている葉の根元には翼(よく)があるという事です。

※翼(よく)とは、葉柄や茎につくヒレ状の部分です。

  • 小葉が羽状になるか、ほとんど切れ込まないかで見分ける
  • 総苞葉が垂れ下がっていたらアズマイチゲ
  • 葉柄に翼があったらキクザキイチゲ

根出葉

次は根出葉(こんしゅつよう)を見比べていきましょう。

根生葉(こんせいよう)とも言いますが、地上茎の根元に付く葉や、地下茎が付けた葉の事を言います。

アズマイチゲとキクザキイチゲはどちらも「地下茎(ちかけい」が発達しており、地面から花をつけない根出葉(こんしゅつよう)が周囲に生えています。

アズマイチゲの根出葉⓵

ちょっとややこしいですが、写真中央と左(これは花をつけてません)の2つが総苞葉(そうほうよう)、一段低く密生しているのが、根出葉(こんしゅつよう)です。

御覧の通り、葉の切れ込み方に違いがあるのが分かると思います。

どちらも同じ植物の葉なのに、切れ込み方に違いがあるのが面白いですね。

アズマイチゲの根出葉②

写真左上隅に映っている総苞葉(そうほうよう)と、その他は根出葉(こんしゅつよう)です。

総苞葉が「不明瞭に切り込む」or「ほとんど切り込まない」のに対し、根出葉は「はっきりと切れ込み」があります。

根出葉だけ見るとキクザキイチゲと似ていますが、写真の通り「長軟毛」があると見分けが出来ますね。

キクザキイチゲの根出葉

こちらはキクザキイチゲの根出葉ですが、アズマイチゲの根出葉と似ていますね。

総苞葉にはある翼(よく)が根出葉には無いので、混同しないようにしましょう。

集合果

キクザキイチゲの集合果

こちらはキクザキイチゲの集合果です。

花が咲き終わると、花柄(かへい)の先が下向きに曲がります。

アズマイチゲの集合果

こちらはアズマイチゲの集合果です。

花が咲き終わると、花柄(かへい)は根元からだらっと垂れ下がります。

曲がった花柱(かちゅう)が目立っていますね。

果実の姿はわりと似ているので、花柄(かへい)の曲がり方見分けのポイントになると思います。

まとめ

アズマイチゲとキクザキイチゲの違いを解説していきましたが、下記に見分けるポイントをまとめてみました。

見分けのポイントまとめ
  • 長軟毛がある⇒アズマイチゲ
  • 花糸の根元が紫色⇒アズマイチゲ
  • 萼片の裏側が赤みを帯びている⇒アズマイチゲ
  • 葉が垂れ下がっている⇒アズマイチゲ
  • 葉の切れ込み方が羽状⇒キクザキイチゲ
  • 総苞葉の葉柄に翼がある⇒キクザキイチゲ
  • 花の色が紫色⇒キクザキイチゲ

注意して欲しいのは、最初に挙げた「長軟毛(ちょうなんもう)」は次第に無くなっていくので、長軟毛が無いからと言って、キクザキイチゲと同定しないで下さいね。

どちらも春の山野草シーズンを彩ってくれる、スプリングエフェメラルの「アズマイチゲ」と「キクザキイチゲ」の見分け方をご紹介させていただきました。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

最後まで御覧いただきまして、ありがとうございました。

スプリングエフェメラルとは?北海道で見られる種類、場所についてスプリングエフェメラルと呼ばれる、春に咲く植物達を北海道に限定してご紹介いたします。長い冬を耐え忍び、春の雪解けを待ちわびたように、一斉に咲き誇るその姿は圧巻です。...
登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する