バックカントリー

【チトカニウシ山】スキーで訪れたい、神聖なる神の山

チトカニウシ山は、上川町と遠軽町の間にある山で、登山者からは『チトカニ』の愛称で親しまれています。

夏の登山道が無く、冬の名山とされているチトカニウシ山を、今回はご紹介したいと思います。

チトカニウシ山基本データ

・標高1,446m

・登山コース:北見峠から入山するのが一般的

・片道5km(春なら登り3時間、ラッセルあるとさらにかかります。)

チトカニウシ山の伝説

カッコいい表題『神聖なる神の山』なんてつけてますが、これはアイヌの伝説の話です。

近づいたり、登ったりすると、天罰で天候が大荒れになるそうです。

また不思議な話ですが、アイヌの伝説では、旭岳より標高が高いことになっています。

スノーボードより、スキーがオススメ

山頂まで片道5kmあり、上部の斜面を滑るのは楽しいですが、問題は帰り道です。

標高960m付近からは、ほとんど平な地形が続くので、スノーボードの場合だと途中で止まってしまう事が多い(特にパウダースノーの厳冬期)です。

同行者がスキーだと、機動力もあってうらやましく思ったりします。

また帰りの林道も、吹き溜まりによるアップダウンが意外と多いので、帰りは大人しくスノーシューorスプリットの場合はシールで帰るケースが多いです。

昔は駅から直接登れる山だった

昔の国鉄石北本線の上越駅から直接登れる山として、駅が廃止される1975年までは山スキーヤーで賑わっていたらしい。

現在は上越信号場となっているが、現在の登山口の北見峠は標高850mで、旧上越駅は標高630mとなっています。

昔の方は道具の性能も良くない上に、さらに標高差と距離も長く、良く登っていたな・・・と感心してしまいます。

【旧上越駅】

【現在の登山口 北見峠】

あんまり混んでいることは無いですが、こちらに停められなかった場合は、ちょっと先に北見峠の大きな駐車場があるので、そちらも利用出来ます。

登山ルート

登山口からしばらくは平らな林道を回り込むようにして歩きます。

山頂までの距離は片道5㎞ほど、ラッセルがあると少し辛いです。

コースの様子

※取材データは2014~16年のものです。

ありがたいことに、登山口の林道入口付近は除雪されていることが多いです。

車数台なら停められるスペースがあります。

しばらく林道を回り込むように歩いていくと、正面に目指すチトカニウシ山が見えてきます。

雪山あるあるですが、日が昇ってくると、雪面に映る自分の影を撮りたくなります。

だいぶ近づいてきました。

序盤のダラダラ地形が、結構疲れます。

あの真ん中のオープンバーンは、雪が吹き溜まるポイントなので、滑りが楽しいです。

だんだん高度を上げてくると、樹木もまばらになってきます。

北大雪、表大雪の山々が綺麗に見えてきました。

この時は山頂でガスにまかれてしまったので、最後の展望スポットでした。

頑張って山の名前を入れてみましたので、行かれる方は山座同定に使ってください。

上川岳の大斜面が、意外と良く見えました。

稜線上のダケカンバは、霧氷で綺麗でした。

山頂近くの稜線では、クラストしてガリガリなことが多いです。

厳冬期は稜線上でスノーモンスターが良く見られることでも有名です。

もはや何の木かわかりませんね。

山の上にユニコーン(一角獣)がいました。

自然の創り出すアートって面白ですよね。

この後山頂だったのですが、ごらんのとおり、強風とガスで展望皆無となりました。。。

いきなり季節変わりましたが、これは4月に行った時の写真です。

距離が長い山なので、春先の方がラッセルも無く、お手軽なのでオススメです。

まとめ

ぜひ一度は登ってほしい、冬のチトカニウシ山をご紹介しました。

体力に自信の無い方や、スノーシューで行く場合は、ラッセルの無い4月以降をオススメします。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

【ランキングに参加しています。面白かったらクリックお願いします!】

登山・キャンプランキング

登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する 

こんな記事もおすすめ
登山・ハイキング

下幌加内の南浅羽山(みなみあさばやま)

2020年2月2日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
今回は、下幌加内にある南浅羽山(みなみあさばやま)をご紹介したいと思います。 南富良野の『ゼロの山』へお客様をご案内予定だったのですが、積雪不足で急遽振り替えました。  …
登山・ハイキング

冬の千尺高地から長尾山までの絶景

2019年12月21日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
千尺高地(せんじゃくこうち:標高1,153m)は、樹氷の美しさが魅力で、山スキーの人気コースでもあります。 今回は、千尺高地から長尾山で見られた綺麗な風景をご紹介したいと思い …