登山・ハイキング

【三国山】冬の登山で山座同定

今回は北海道の上川町、北見市、上士幌町の境界にある三国山をご紹介いたします。

冬の天気の良い時の写真があったので、三国山から見られる山を山座同定してみました。

行かれる予定のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

三国山とは

北海道の三国峠の近くにある山で、3つの国の境界(石狩国、十勝国、北見国)が山名の由来となっています。

厳密にいうと、ジャンクションピークから東側に逸れているので、三国山の山頂は、北見と上士幌の境界なので、二国山状態です。

アクセス

三国トンネルの上川町側に広い駐車帯があります。

登山道はトンネルの脇から沢沿いをたどっていくルートです。

登山ルートからの展望(2014年4月取材)


まずは駐車場から、トンネルの脇へ向かいます。

冬の場合は適当な所で尾根に取り付きましょう。


稜線上は晴れていれば絶好の展望台です。

こちらは東大雪方面の山々です。

ニペソツ山や、ウペペサンケ山は山容が特徴的なので、どこから見ても一目瞭然ですね。

尾根上は細くなっている場所もあるので、冬は注意が必要です。

ジャンクションピークのダケカンバ。

2019年の秋に、分水嶺の大理石が設置されたそうなので、夏に再訪してみたいです。

表大雪もくっきり見えていい感じです。

旭岳は後旭岳と重なっていそうですが、写真だと判別できませんね。。。

今度は北大雪方面の展望です。

あまりこの角度で見る事が無いので、新鮮な光景です。

山頂看板がちょっとだけ顔を出していました。

今度はクマネシリ方面の展望です。

西クマネシリ山とピリベツが重なって見えるので、ちょっと分かりずらいですね。

クマネシリはアイヌ語で、「物干し竿」を意味するそうで、長く平坦な稜線が名前の由来です。

最後に登ってきた、三国トンネル方面の展望です。

石狩山塊は、いくつも名無しピークがあるので、山座同定がやりずらいです。

トムラウシ山がひょっこり顔を出しているのが意外でした。

360度のパノラマが楽しめる、大雪山の展望台のような山でした。

天気の良い日を狙ってぜひ、チャレンジしてみてください。

おまけ

下部の樹林帯では、ヨコワサルオガセを見つけました。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

【ランキングに参加しています。面白かったらクリックお願いします!】

登山・キャンプランキング

登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する 

こんな記事もおすすめ
登山・ハイキング

小幌礼文華ロングトレイル

2019年6月4日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
秘境駅で有名な小幌駅と礼文華山道を効率よく歩けないかと思い、今回は礼文駅を起点としたルートで歩いてみる事にしました。 名付けて「小幌礼文華ロングトレイル」をご紹介いたします。 …
登山・ハイキング

登山にクマスプレーは必要なのか?

2019年10月11日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
先日の2019年10月9日、私の母校の「北海学園大学」でクマスプレーの事故がありました。 ガイドとしていつも持ち歩いているクマスプレーですが、非殺傷性ながらとても危険な道具で …