バックカントリー

大雪山のバックカントリースポット【まとめ】

今回は、大雪山国立公園のバックカントリーエリアをご紹介いたします。

大雪山は北海道でも内陸部に位置し、寒さも厳しいエリアですが、極上のパウダースノーが楽しめます。

元々、大雪山の麓に6年間住んでいた経験も含め、いくつかのエリアをご紹介させていただきたいと思います。

※新しく取材出来たエリアがあれば随時追加していきます。

黒岳エリア

黒岳ロープウェイとリフトを使って、お手軽に楽しめる斜面が多いです。

黒岳ペアリフト横にある九十九沢(つくもさわ)は、ハイクする距離が短いので、お手軽に楽しむことが出来ます。

九十九沢周辺は適度な疎林で、風の影響を受けにくいので、パウダースノーの確立が高いスポットです。

またがっちりハイクアップして、黒岳山頂からの大斜面を滑るのも最高に楽しいです。

滑ると最高に楽しい『まねき岩』付近

山頂まで向かう方は、気象条件が厳しく、リスクも高くなるので、十分に備えてから行ってください。

また標高の高いエリアなので、強風時はロープウェイが運休する可能性もあります。

運行状況を確かめてから行った方が無難です。

また毎年、正月明けから1月いっぱいはロープウェイが運休、1月~2月中旬はリフトが運休しているので、厳冬期のパウダーを楽しむなら、2月中旬の整備運休開けが狙い目です。

旭岳エリア

こちらも旭岳ロープウェイが運航しているので、お手軽にバックカントリーを楽しめるエリアです。

姿見駅より上のエリアは、森林限界以上でガリガリのアイスバーンですが、姿見駅の下は樹林帯のパウダースノーが楽しめます。

とても混雑しているエリアなので、最近はあまり行かなくなりましたが、ほとんどハイク無しでパウダーが滑れるのが魅力のエリアです。

十勝連峰エリア


定番の『三段山』や、富良野岳のジャイアント尾根から、『ベベルイ川』、『二十林班沢』の大斜面、あまり人の多くない『上富良野岳周辺』など、標高1000m付近まで車でアクセスできるのが魅力のエリアです。

温泉も多くあり、吹上温泉の白銀荘では、ウェアやシールを乾かせる乾燥室も完備しており、連泊で滞在して楽しむ方も多いエリアです。

愛山渓温泉エリア

道路が開通するGW明け以降ですが、『安足間岳』、『愛別岳』などのロングハイクを楽しめます。

ハイクの距離が長く、なかなか疲れますが、その分人が少ないのも魅力で、貸し切りの大斜面を滑る事が出来ます。

また下山後の愛山渓温泉も、秘湯な雰囲気が魅力です。

まとめ

今回は大雪山のバックカントリーエリアをまとめてみました。

詳細なルート・コースガイドのご紹介も随時追加していきたいと思います。

御覧いただきまして、ありがとうございました。

【ランキングに参加しています。面白かったらクリックお願いします!】

登山・キャンプランキング

黒岳エリア

・ウェブサイト:大雪山層雲峡黒岳ロープウェイ
・⇒層雲峡温泉の宿を探す
・⇒強風でロープウェイが運休しないかをチェックする
※高度1400前後で、風速が15m越えると運休の可能性あり!北西風は予報より強く、南東風は予報より弱くなる傾向あり。

旭岳エリア

・ウェブサイト:大雪山旭岳ロープウェイ
・⇒⇒旭岳温泉の宿を探す
・⇒強風でロープウェイが運休しないかをチェックする
※高度1400前後で、風速が15m越えると運休の可能性あり!北西風は予報より弱く、南東風は予報より強くなる傾向あり。

十勝連峰エリア

・ウェブサイト:白銀荘
・⇒⇒十勝岳温泉の宿を探す

愛山渓温泉エリア

・ウェブサイト:愛山渓倶楽部

登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する 

こんな記事もおすすめ
登山・ハイキング

【三段山】崖尾根コースのバックカントリー

2020年3月22日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
三段山基本データ 三段山は標高1748mの山で、十勝連峰の上ホロカメットク山と安政火口を挟んで対峙しています。 名前の由来は斜面が三段になっていることからつけられたそう …
登山・ハイキング

冬の千尺高地から長尾山までの絶景

2019年12月21日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
千尺高地(せんじゃくこうち:標高1,153m)は、樹氷の美しさが魅力で、山スキーの人気コースでもあります。 今回は、千尺高地から長尾山で見られた綺麗な風景をご紹介したいと思い …
バックカントリー

【伊阿根山】和寒の里山バックカントリー

2020年2月27日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
今回は、和寒町と鷹栖町の境界にある伊阿根山(いあねやま)をご紹介いたします。 お手軽に登れるので、初心者の方でも楽しめる山です。 伊阿根山基本データ 伊阿根山(いあね …