自然観察・コラム

【北海道も記録的な雪不足】どんな問題が起きるか

令和元年から2年にかけての冬は、記録的な少雪シーズンとなりました。

この記事を書いている2020年1月7日(火)現在、札幌の積雪はたったの7cmです。(昨年度の同日は40cmありました)

今回は、雪不足がもたらす様々な影響について推測してみたいと思います。

スキー場の運営に大影響

本州のスキー場も営業できていないスキー場が多々ありますが、北海道のスキー場ですら、積雪不足で営業を見合わせているスキー場があります。

特に標高の低いスキー場では雪不足の影響が大きく、オープンが遅れています。

スキー場のビジネスは冬の短期間に集中的に稼ぐビジネスモデルの為、冬休みやお正月などの『書き入れ時』に営業出来ないだけでも、とても大きな損失となってしまいます。

今後、地球温暖化によって少雪が増えてくることを考えると、標高の低いスキー場経営はなかなか厳しい状況になってくるかもしれません。

【2020年1月22日追記】
札幌市では20日午後からまとまった降雪があり、22日午前9時現在で33㎝になりました。(札幌管区気象台、昨年度41cm、平均値57㎝)

ようやく昨年度の積雪に近づいてきたといった印象です。

今回の降雪で、札幌藻岩山スキー場や、フッズなどの標高の低いスキー場でも開放コースが増えて、恵の雪となりました。

高山植物への影響

高山植物は、その厳しい気象環境や特殊な条件に生育している事が多いですが、雪不足によってさまざまな影響が出るのではと予想しています。

高山の雪田(せつでん)は、風下側などに雪が多く溜まって、遅くまで雪渓(せっけい)として残る場所ですが、この雪渓からの豊富な融雪水でうるおう湿潤な環境を好む、『雪田植物群落』が形成されます。

大雪山を例にすると、エゾコザクラ、チングルマ、エゾノツガザクラ、アオノツガザクラ、イワイチョウ、などの高山植物です。

少雪によって、雪渓の雪が少なくなると、土壌の乾燥化が早まってしまう恐れがあります。

また大雪山では、雪解けの時期が雪渓によってバラバラで、8月末~9月にやっと雪渓が溶けて、春のお花が咲くような場所も存在します。

同じ種類でも、雪が解けた場所から咲くことで、花の開花時期がバラバラになり、特定の群落同士が交雑する事はありませんでした。

つまり、『遺伝的多様性』が雪田によって保たれてる、という事です。

今回の雪不足で、雪田が早く溶けてしまうような状況になれば、高山植物の『遺伝的多様性』に影響が出るかもしれません。

札幌ゆきまつりの開催

こちらも北海道ではニュースで取り上げられていますが、今年は本当に雪が無くて、雪像制作への影響が懸念されています。

観光客への影響ももちろんですが、携わるスタッフや関係者への影響を考えると、中止となればかなり深刻な状況になりかねません。

雪を観光資源としている北海道では、雪が無いのも困りものです。

バックカントリーゲレンデの減少

今年は雪が少なく、バックカントリーで滑りに行こうにも場所が限定されてしまいます。

特に、標高の低い場所では、まだまだ灌木や笹が出ているので、注意が必要です。

2020年1月7日現在、安心して滑れそうなのも、大雪山近郊、幌加内周辺、羊蹄山、中山峠周辺といったところでしょうか。

北海道には日帰りでアクセスできる魅力的な雪山が多いので、もう少し雪が降ってくれると嬉しいところです。

登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する 

こんな記事もおすすめ
自然観察・コラム

大雪山の標高ランキング【2,000m以上】

2019年12月4日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
今回は、大雪山国立公園内にある標高2,000m以上の山を、標高順にランキング形式でご紹介したいと思います。 大雪山国立公園は、日本の国立公園の中で最も広く、総面積で226,7 …
自然観察・コラム

『チングルマ』花も紅葉も美しい天空のお花畑

2019年6月23日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
チングルマは亜高山~高山の湿地やれき地に生える草状の落葉低木で、北海道の山では良く見られる代表的な高山植物です。 特に群落状になることも多く、大変見ごたえのある高山植物の代表 …