自然観察・コラム

シラネアオイ「北海道の花」

シラネアオイとは

名称:シラネアオイ(白根葵)
学名:Glaucidium palmatum
分類:キンポウゲ科 シラネアオイ属

北海道~本州中部以北に分布し、高さが20㎝~50cmになる多年草です。

分類はシラネアオイ科として分ける事も多く、日本固有種1属1種です。

花期は4月下旬~6月。

名前の由来

日光白根山に多く、花がタチアオイに似ることからシラネアオイ(白根葵)と名づけられました。

シラネアオイの特徴

シラネアオイは大型の綺麗な花をつけるので、とてもファンの多い山野草です。

また花をつけている期間も比較的長いので、長く楽しめるのもありがたいポイントです。

つぼみ~花期~果実期

シラネアオイの芽出しは、小さな拳のような丸まった葉が出てくるので、とても目立ちます。

葉にくるまれた花のつぼみが隙間から顔を出しています。

少し角度を変えて正面から。

このシラネアオイの姿を初めて見つけた時には、もう大興奮でした。

花の時期も良いですが、この葉に包まっている時期の方が個人的には好きです。

葉が開くと、中からつぼみが出てきます。

花が咲く前の、このつぼみの時期は紫が濃い色をしています。

こちらは花咲く一歩手前。

こちらはわりと開花したてのフレッシュな個体です。

花の色は淡い青紫色で、とても品のある雰囲気です。

シラネアオイは白花の個体も見られます。

たまに見られるので、自生地に行った際はぜひ探してみて下さい。

花びらのように見えるがく片は4枚あります。

花の中心部には、2個の雌しべと、その周辺を取り囲むように多数の雄しべがあります。

雄性期のシラネアオイ

シラネアオイは雄性先熟(ゆうせいせんじゅく)という特徴があり、開花直後は雄しべのみが成熟して花粉を放出しています。

またシラネアオイの花は蜜を出しませんが、花粉を虫に提供する虫媒花です。

この時期は雌しべが多数の雄しべの中に埋もれて、見る事が出来ません。

雌性期のシラネアオイ

やがて雌しべが成熟すると、多数の雄しべ群の中から2個の雌しべが顔を出し、花粉を受け取るようになります。

このような特徴を、雄性先熟(ゆうせいせんじゅく)と言い、他家受粉の機会を増やす意味があります。

雄性先熟は主に虫媒花で多く見られる特徴で、成熟する時期をずらす事で、自家受粉を防ぎ、他家受粉の確立を高める効果があります。

反対に、先に雌しべが成熟し、その後雄しべが成熟することは、雌性先熟と言い、主に風媒花で見られる特徴です。

こちらはがく片と雄しべが脱落した初期の果実。

この後、膨らんで2個が合着した、いびつな台形状になります。

特徴的な3枚の葉

シラネアオイは3枚の葉を付けるのが特徴です。

花の根元にある⓵苞葉(ほうよう)は柄が無く、小さめ。

下にある2枚(⓶、⓷)は互生で、葉柄(ようへい)があり、苞葉に比べ大きな葉になります。

こちらは葉が小さめで、鋸歯(きょし)もあまり深く切れ込まないタイプの苞葉です。

大きさも花より小さめですね。

こちらの苞葉は対照的に、鋸歯(きょし)の切れ込みが先ほどのタイプより深く切れ込んで、サイズもやや大きめです。

このように、葉の切れ込みや形、大きさなどは個体差がけっこうあります。

下の2枚の葉は、とても大きな葉が付きます。

この大きく切れ込んだ掌状(しょうじょう)の葉はとても特徴的です。

この葉の形を覚えておくと、花が付いていなくても、同定しやすいです。

群生することも


シラネアオイは根茎(こんけい)が伸びるので、群生することも珍しくありません。

大型の花が群生するので、とても見ごたえのあるお花畑を形成します。

樹林帯や稜線上など、様々な場所で見られるのも嬉しいポイントです。

こちらは伊達紋別岳の登山道、花咲く稜線の登山道はとっても気持ちが良いものです。

登山道を彩ってくれる素敵な花の一つです。

がく片が薄いので、光が差し込むとまた雰囲気が良いですね。

登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する