植物図鑑

クモキリソウ「北海道の花」

クモキリソウとは

名称:クモキリソウ(蜘蛛切草、蜘蛛散草、雲霧草)
学名:Liparis kumokiri
分類:ラン科 クモキリソウ属

クモキリソウ属の中では最も一般的に見られる種で、国内では北海道、本州、四国、九州、沖縄県北部と広く分布し、国外では朝鮮半島に分布しています。

名前の由来

名前の由来は、所説あるそうですがはっきりしないそうです。

同族のスズムシソウや、ジガバチソウなどが虫由来のネーミングになっているので、個人的には蜘蛛が由来しているのに1票です。

クモキリソウの特徴

北海道での花期は6月~7月。

個人的には6月末頃から良く見かけるような気がします。

高さは15㎝~25㎝ほど。

クモキリソウの花は下から咲いていきます。

写真の個体は下部の花が終わって、上部の花はまだつぼみが残っています。

花の正面のアップです。

上には3枚のがく片に包まれた蕾があり、これが開くと背がく片と側がく片は筒状に丸まり、写真のような形状になります。

花の側面のアップです。

唇弁(しんべん)がくるりと巻くのが特徴的で、唇弁の基部には吸蜜に来た訪花昆虫も映りこんでいます。

ずい柱の先についた花粉塊を、訪花昆虫にくっつけて運んでもらう仕組みです。

側花弁は糸状で、背がく片と側がく片は筒状になります。

別個体ですが、葯帽が取れて中の花粉塊が飛び出しています。

葯帽は英語でCAP(キャップ)と言い、まさに帽子のような見た目ですね。

地表にある偽球茎から花茎と2枚の葉を出します。

葉の縁は細かく波打ちます。

こちらの葉はあまり縁が波打つ感じが目立っていません。

葉の根元の様子。

残念ながら偽球茎は映っていません。

クモキリソウ属の花

北海道のラン科クモキリソウ属は、以下の9種が分布しています。

おすすめの山野草図鑑

北海道の草花 Wild Flowers of Hokkaido
著:梅沢 俊

北海道の植物図鑑では御馴染みの梅沢先生の図鑑です。
かなり大きめの図鑑ですが、網羅している植物数が多く新分類体系APGⅢ,Ⅳに準拠しています。
古い植物図鑑をお持ちという方は分類が変わっているので、更新するならこの本がオススメです。
私の山のガイド活動にも欠かせないパートナーとなっています。

登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する 

こんな記事もおすすめ
植物図鑑

ネグンドカエデ「北海道の樹木」

2020年5月27日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
いつも通る札幌市内の北3条通り、そこにはお気に入りの「ネグンドカエデ」の並木道があります。 まだ私が森林インストラクターになる前、学生時代のアルバイト先の居酒屋に向かう際に良 …