登山・ハイキング

【愛別岳】日本最北の2,000m峰 ツアーレポ

2020年7月4日(土)~5日(日)で愛別岳へ行ってきた時のツアーレポートです。

愛別岳は団体登山には向かず、会社員時代には設定できないツアーでした。

今回は個人ガイドとして独立して、愛別岳へお客様をご案内するという夢が1つ叶ったツアーとなりました。

愛別岳へのアクセス

愛別岳へアクセスする登山道は、以下の2パターンがあります。

⓵愛山渓温泉から永山岳を経由して向かう方法

愛別岳への最短コースですが、累積標高で1400m、片道約8㎞の健脚向けコースです。

日帰りで愛別岳を目指す場合はこのルートが一般的です。

⓶黒岳石室から北鎮岳経由で向かう方法

初日に石室で泊まり、2日目に北鎮岳経由で愛別岳へ登るコースです。

石室に不要荷物をデポして、軽い装備で愛別岳を往復して戻ってくる行程です。

日帰りで山頂を目指すより、こちらの方がだいぶ楽に登る事が出来ます。

今回のツアーでは、たまたま車の回送をしてもらえる環境だったので、泊り装備を背負って石室から愛別岳を登頂し、愛山渓温泉に降りる行程にしました。

初日は大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイを利用して黒岳石室へ。

久しぶりに天気の良い週末だったこともあり、山中もとても賑わっていました。

石室周辺もお花が綺麗な時期になってきました。

早めに石室へ到着出来たので、テントを設営したら周辺のお散歩へ。

キバナシャクナゲがとても綺麗な時期でした。

ヒメクロマメノキ(姫黒豆木)もちょうど花の時期。

秋には甘酸っぱい黒い実がなります。

イワウメも密に咲いていました。

淡いピンクの花弁の個体が良いアクセントですね。

雲ノ平では白花のエゾコザクラを発見!

キバナシャクナゲも色の変化が面白いです。

夕暮れ時、雲ノ平のキバナシャクナゲのお花畑と、北鎮岳にある白鳥の雪渓です。

翌朝は愛別岳へ向けて早朝4時20分に出発!

雲ノ平では、朝日を浴びたキバナシャクナゲのお花畑が満開でした。

この時期の北海道は日が長いので、朝早くから行動できるのが魅力です。

お花畑が綺麗すぎて、なかなか足が進みません。

雲ノ平を通過して、「御鉢平展望台」へ。

ここでのんびり朝ごはんタイム。

御鉢平(おはちだいら)では、運が良ければこの中にいるヒグマを見る事が出来るのですが、今回は残念ながら見られずでした。

北鎮岳(ほくちんだけ)の雪渓も雪が緩んでいたので登りやすかったです。

北鎮岳の山頂(2244m)に到着すると、目的地の愛別岳を見下ろすことが出来ます。

手前から、ギザギザの鋸岳(のこぎりだけ)をトラバースして、台形状の比布岳(2197m)を超えて、その先に愛別岳の分岐があります。

北海道最高峰の旭岳(2291m)も綺麗に見えています。

この時期は、至る所で「キバナシャクナゲ」が咲いています。

比布平付近の「キバナシャクナゲ」のお花畑。

最初に見た雲ノ平のお花畑に比べると、やや花付きが少なかった印象です。

振り返って、ギザギザの鋸岳と北海道2位の高峰「北鎮岳(2244m)」

比布岳を超えると、いよいよ愛別岳への分岐。

最初の降り口が核心部で、ザラザラの急斜面を降りていきます。

あまり写真を撮る余裕がありませんでした。

最低コルまで降りてしまえば、あとは比較的楽な登山道です。

荒れた岩場が似合う「エゾタカネスミレ」が咲いていました。

一見、「キバナノコマノツメ」にも似ていますが好む環境が全く違います。

天高く突き出た山容は、表大雪地域では珍しく、何度見てもかっこいい山です。

愛別岳山頂到着!

凌雲岳の横から顔を出している黒岳も見えていますね。

山頂看板が無いのが残念でした。

愛別岳で撮る高山植物は、切り立った尾根のおかげかとてもかっこよく撮影できます。

黒岳や凌雲岳をバックに「エゾノハクサンイチゲ」。

岩場が滑りやすいので、雨や風が強い日には行かない方が無難です。

今回はお天気を味方につけて、無事に登頂することが出来ました。

安足間岳の山頂により道して、愛山渓温泉側に下ります。

青々とした「沼の平」の池塘群とキバナシャクナゲが綺麗でした。

永山岳の山頂を過ぎて、銀名水付近では「エゾノハクサンイチゲ」のお花畑が見事でした。

まとめ

2日目の行程は以下の通りでした。

黒岳石室 – 御鉢平展望台 – 北鎮岳 – 比布岳 – 愛別岳 – 安足間岳(寄り道)- 永山岳 – 愛山渓温泉

  • 歩行時間:11時間40分(休憩含み)
  • 累積標高登り990m
  • 累積標高下り1874m

今回はお天気と体力のあるお客様たちに助けられました。

また機会があればツアーの設定をしたいと思います。

余談ですが、当サイトのカバー写真と私の名刺には、愛別岳で撮影したチングルマの写真を採用しています。

【whoo】で名刺を作った感想⇒オシャレすぎるこの度、個人事業主になったので名刺を作ることにしたのですが、いろいろ悩んで「whoo」さんのサイトで作成しました。 実際に作ってみ...
富士山と愛別岳の滑落事故から考える、晩秋・初冬登山のリスク令和元年の晩秋・初冬ですが、高山の山の上では雪が積もり始め、滑落の事故がいくつか報道されました。 今回は2件の事故事例の紹介と、こ...
登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する 

こんな記事もおすすめ
登山・ハイキング

【七条大滝】夏・冬のアクセス・見所などまとめ

2019年7月21日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
支笏湖の近くにある七条大滝(ななじょうおおたき)は、夏も冬もお手軽に楽しめるハイキングスポットです。 ここ近年で知名度が上がり、特に冬の氷瀑が見られる時期にはたくさんの人が訪 …
登山・ハイキング

【ゼロの山】かなやま湖北岸の展望の山

2020年3月12日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
ゼロの山は南富良野町と富良野市の境界にある山です。 夏の登山道もありますが、今回は冬の登山での紹介をしたいと思います。 標高差も距離も短いので、お手軽にさくっと登れる魅 …
登山・ハイキング

冬の千尺高地から長尾山までの絶景

2019年12月21日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
千尺高地(せんじゃくこうち:標高1,153m)は、樹氷の美しさが魅力で、山スキーの人気コースでもあります。 今回は、千尺高地から長尾山で見られた綺麗な風景をご紹介したいと思い …