登山・ハイキング

【薬師山】遠軽町・瀬戸瀬の低山

8月に下見とツアーの本番を含め2回、遠軽にある「薬師山」に登って来たので今回ご紹介したいと思います。

低山ながら魅力にあふれる山なので、登る価値アリの低山です。

薬師山とは

薬師山(やくしやま)は、遠軽町・瀬戸瀬地区にある標高373.7mの山です。

標高の低い山ですが、山頂部が岩場となっており、展望の良さがとても魅力的です。

またこの山は、固有種の「エゾママコナ」の自生地としても知られています。

アクセス

札幌・旭川方面からは、旭川紋別道道の「遠軽瀬戸瀬IC」を降りて、国道333号を遠軽方向へ2分ほど進むと登山口があります。

登山口にはお手洗いが無いので、以下のどちらかがオススメです。

  • 手前の「奥白滝IC」で降りて「道の駅しらたき」を利用して再度高速に乗る
  • 終点の遠軽ICにある「道の駅遠軽森のオホーツク」を利用して、5分程国道を戻る

GPSログ

登山口を起点に、ぐるっと周遊できるように登山道が付いているので、登りと下りでコースを変えられるのは魅力的です。

国土地理院の地形図上とは少しずれていますね。

山頂直下は十字路になっており、真っすぐ直登しても良し、左から迂回して岩尾根を詰めて山頂に登るのも面白いです。

今回は半時計回りで歩いて、歩行時間1時間半程でした。

登山道の様子(取材日:20/8/8・18)

登山口付近は広場になっており、何台も車を停められるスペースがあります。

マイナーな低山なので、駐車場が埋まる心配は無さそうです。

入口には湧き水を汲める場所があり、地元の方が水を汲みに来ていました。

靴も洗えそうですね。

登山口に水場がある為か、蚊がけっこう多かったので、虫よけ対策はしておいた方が良いと思います。

ここは八十八ヶ所霊場となっており、登山道沿いにお地蔵さんが並んでいます。

由来は遠軽町のホームページに載っていたので、気になる方は見てみて下さい。

瀬戸瀬 薬師山‐薬師寺如来堂と山神の碑‐

内容を要約すると、国道333号は囚人道路と言われ、道路建設の際にたくさんの囚人が犠牲となったそうです。

この八十八ヶ所霊場は、地域の発展と囚人道路建設の犠牲者への感謝の念が込められて作られたとの事でした。

樹林帯なので陽が入らず、比較的涼しく登れました。

広葉樹が多いので、秋の紅葉時期なんかも良さそうな雰囲気でした。

登山道沿いのお地蔵さん達も綺麗なものが多かったです。

セットで青い箱の御札入れが設置されています。

良く整備された登山道をジグザグに登っていきます。

森の中の日当たりの良い場所には、この地域固有種の「エゾママコナ」が咲いていました。

わざわざ暑いこの時期に登ったのは、この固有種の花が目的でした。

【エゾママコナ】
ハマウツボ科ママコナ属、半寄生の1年草。
上川以東の山地に局所的に生える固有種ですが、薬師山にはたくさん咲いています。
苞葉についている刺状(しじょう)の歯牙が特徴的です。

※歯牙(しが)とは、上の写真の葉の縁に付いている棘(とげ)みたいな部分の事

登山道沿いに群生しており、なかなか見事でした。

8月8日に訪れた時には咲き始め、18日に訪れた時はほぼ満開でした。

岩場ではエゾノキリンソウも咲いていました。

ヤマハギの花もちらほらと。

この時期は地味な花が多くなりますね。

山頂付近の岩場に差し掛かると、一気に展望が開けます。

山頂には四等三角点「野上」が設置されています。

薬師如来像が設置されていますが、結露して映っていませんね。

登り一時間程度でこの展望が見られるのであれば、登る価値は間違いなくあるでしょう。

蛇行した湧別川の流れと湧別川ダムが良く見えます。

また歩きに来たいと思える良い山でした。

花の時期か紅葉の時期か悩ましい所ですね。

近郊のオススメ施設

道の駅 遠軽森のオホーツク

令和元年12月22日に出来た道の駅で、北海道内で初めて「スキー場が併設された道の駅」として話題になりました。

足湯やレストラン、お土産物屋などが入っているので、なかなか賑わっています。

別リンク:道の駅:遠軽森のオホーツク

手打そば 奏

遠軽町内にあるそば屋さんで、お手頃価格で美味しい蕎麦が楽しめる名店です。

札幌在住の私が二週連続で来てしまいました。お気に入りの店です。

とろろせいろ
冷やしたぬき

昼時は結構混雑して待ち時間が出来ている時もあるので、要注意です。

別リンク:手打ちそば奏

丸瀬布温泉やまびこ

旭川・札幌方向へ帰る方は日帰り入浴に悩むところですが、戻る経路からちょっとだけ外れますが、「丸瀬布温泉やまびこ」さんがオススメです。

広いお風呂で、洗い場も仕切られ、料金もリーズナブルです。

別リンク:丸瀬布温泉 やまびこ

まとめ

  • 登り1時間程度で展望が楽しめる
  • 固有種の「エゾママコナ」の花期は8月15日~20日前後
  • 夏場は蚊が多いので注意

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

次回は季節を変えて訪れてみたいと思いました。

登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する 

こんな記事もおすすめ
登山・ハイキング

【猿留山道】紅葉期に豊似湖からワラビタイ沢へ

2020年11月5日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
猿留山道とは 猿留山道(さるるさんどう)は、寛政11年(西暦1799年)に江戸幕府によって開削された山道です。 官製道路の最初の一つとして、様似山道(さまにさんどう …
登山・ハイキング

真駒内公園・カタクリの里散策路へ

2019年4月21日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
南区民の緑のオアシス『真駒内公園』は84.7ヘクタールの、札幌市内でも有数の広さを誇る公園です。 公園内はアイスアリーナや屋外競技場などのスポーツ施設もあり、また敷地内には約 …
登山・ハイキング

【三段山】崖尾根コースのバックカントリー

2020年3月22日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
三段山基本データ 三段山は標高1748mの山で、十勝連峰の上ホロカメットク山と安政火口を挟んで対峙しています。 名前の由来は斜面が三段になっていることからつけられたそう …