植物図鑑

ツクバネソウ「北海道の花」

ツクバネソウとは

名称:ツクバネソウ(衝羽根草)
学名:Paris verticillata
分類:シュロソウ科 ツクバネソウ属

高さが20~40cmになる多年草です。

分布は北海道~九州で、分布は国内のみとなっています。

名前の由来

ツクバネとは衝く羽(羽子)で、 花や実の形が羽根つきの羽(羽子)に似ているところが由来となっています。

ツクバネソウの特徴

こちらはつぼみの時期のツクバネソウ。

柄の無い葉が4枚(時に5~6枚)輪生するのが特徴です。

花は緑色~淡黄緑色で、写真の個体はほとんど葉の色と変わらない花色ですね。

大きな葉は目立ちますが、花は小ぶりで、花色も緑なので地味な印象です。

がく片は4個雄しべは8個花柱は4個で構成されています。

子房は緑色葯隔(やくかく)は突き出ないと書いたのは、良く似たクルマバツクバネソウとの違いです。

またツクバネソウの花柱の色は、個体差もありますが赤茶~茶色のものがあり、ほとんど地味な色で構成されている花の中では良く目立って見えます。

森の中、スポットライトの様な木洩れ日が当たっていた「ツクバネソウ」です。

この葉の質感と葉脈の感じが、個人的には好きです。

クルマバツクバネソウとの違い

クルマバツクバネソウ

良く似たクルマバツクバネソウとの違いは、下記のページに記載しました。

書いているうちにあまり似ていない気がしてきましたが、ご興味のある方は御覧ください。

クルマバツクバネソウ「北海道の花」クルマバツクバネソウとは 名称:クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草) 学名:Paris verticillata 分類:シュロ...

おすすめの山野草図鑑

北海道の草花 Wild Flowers of Hokkaido
著:梅沢 俊

北海道の植物図鑑では御馴染みの梅沢先生の図鑑です。
かなり大きめの図鑑ですが、網羅している植物数が多く新分類体系APGⅢ,Ⅳに準拠しています。
古い植物図鑑をお持ちという方は分類が変わっているので、更新するならこの本がオススメです。
私の山のガイド活動にも欠かせないパートナーとなっています。

登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する 

こんな記事もおすすめ
自然観察・コラム

ヒメイチゲ「北海道の花」

2020年5月2日
Sapporo Nature Times ‐ 札幌ネイチャータイムズ
イチリンソウ属の中でも、特に小さく繊細な花を咲かせる「ヒメイチゲ」をご紹介いたします。 私が以前職場だった大雪山では、雪解け後1番に咲く「ショウジョウバカマ」の次に早く咲くの …