自然観察・コラム

『チングルマ』花も紅葉も美しい天空のお花畑

チングルマは亜高山~高山の湿地やれき地に生える草状の落葉低木で、北海道の山では良く見られる代表的な高山植物です。

特に群落状になることも多く、大変見ごたえのある高山植物の代表種です。

今回は登山初心者にはまず一番に覚えて欲しいこの「チングルマ」を解説したいと思います。

チングルマの特徴

草のように見えますが低木で、枝は地面を這って広がり、大きな群落になることもあります。

花の径は2.5cmほどで、花びらは5枚。

花期は6月~8月、大雪山ではとてもポピュラーな植物で、登山中も良く目にすることができます。

葉は羽状複葉(うじょうふくよう)と呼ばれる、鳥の羽のような形をしています。

葉のふちには鋭い鋸歯(きょし)と呼ばれる細かい切れ込みがあり、やや光沢があります。

花が終わると羽毛状になった雄しべが残り、これがチングルマの果実になります。

この果実の様子が、子どもが持つ風車に見えることから、稚児車(チゴグルマ)⇒チングルマと転じてつけられたとされています。

秋には鮮やかな赤色に紅葉し、森林限界以上では草紅葉の主役になることが多いです。

以上のように、⓵花の時期、⓶果実の時期、⓷紅葉の時期と、1年に3度楽しませてくれる花として、たくさんの登山者から愛されています。

チングルマの咲く風景

大雪山 裾合平7.18

チングルマの群落で一番有名なのは、大雪山 旭岳の中腹にある『裾合平(すそあいだいら)』でしょう。

おそらく日本最大級のチングルマの群生地です。

花期は7月20日~下旬ごろが見ごろの印象ですが、事前に旭岳ロープウェイさんのHPなどで情報収集してから行くのが確実かと思います。

暑寒別岳 箸別コース 6.26

こちらは日本海側の暑寒別岳(しょかんべつだけ)のチングルマです。

とても花の多く大好きなコースですが、ブヨが多く、虫よけネットは必須の場所です。

愛別岳 7.8

当ブログのトップページの画像に採用している、愛別岳のチングルマです。

愛別岳の急斜面に咲くこの場所のチングルマは、『THE高山植物』という感じがして、とても印象に残っています。

大雪山 緑岳 8.9

皆で一斉に太陽の方に向いているような、チングルマのお花畑です。

まだ登山を始めて間もないころに、通りすがりのおじさんから、

高山植物を撮るなら、空を入れなきゃダメだ。真上から撮ったら平地の花と変わらん。

といきなりアドバイスされて撮影した思い出の1枚です。

大雪山 9.20

果実の時期に、強い風に吹かれて揺れるチングルマも綺麗な光景です。

背後にそびえているのは、トムラウシ山。

まもなく初雪の便りが届く頃のチングルマ群落でした。

【ランキングに参加しています。面白かったらクリックお願いします!】

登山・キャンプランキング

登山・ハイキング倶楽部

登山・ハイキング倶楽部では、登山ガイド・森林インストラクターの橋本竜平がご案内する、会員制のガイドツアーを実施しております。

顔が見える範囲の少人数制で、自然を楽しみながら歩くことを目的として立ち上げた倶楽部です。

もしよろしければ、一緒に山歩きを楽しんでみませんか?

ツアースケジュールを確認する 

プライベートガイドを依頼する